歯周病は歯周病治療で進行を抑えられる

歯周病は、歯を失ってしまうとても恐ろしい病気です。

この歯周病は、歯を失ってしまう原因として最も多い病気でもあります。特に喫煙者の場合、歯周病になってしまう確率が高い傾向にあります。歯周病になっていても、初期症状などが特にない場合が多いので、歯周病になっていることに気付かないで、歯周病が悪化してから初めて気付くことも多くあります。この歯周病は、歯医者で適切な歯周病治療を行うことによって歯周病の進行を抑えることができます。

歯周病を放っておけばいつかは必ず歯を失うことになってしまうので、ちゃんと治療を受けることが何よりも大切になります。歯周病の症状としては、歯が揺れたり、歯が抜けてしまうといったのが歯周病の主な症状になってきます。歯周病治療は、歯周病の原因であるプラークを取り除く基本治療を行っていきます。自分でプラークを取る力や歯石を取り、プラークを取りやすい環境にしていきます。

この基本治療ができていないといくら外科治療を行ったとしてもまた元に戻ってしまうので、この基本治療は最も大切な歯周病治療です。基本治療で取り除くことができなかった歯石や歯周病で溶けてしまったことによって、凸凹になった骨の形を整え、プラークコントロールをがしやすい形にしていきます。また、このときに状態の悪い歯がある場合には、他の健康な歯に悪影響を与えないようにするために状態の悪い歯を抜歯することになります。歯周病治療が終わった後も定期的なメンテナンスが必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *