歯周病治療をしておけば歯を失う原因を減らせます

歯周病という言葉を聞いた事があると思います。

歯周病というのは歯の周りの骨が溶けるという、恐ろしい病気です。これほど恐ろしい病気でも深刻な事態になる前に、歯医者さんで適切に歯周病治療をすれば恐れる事はありません。そればかりか、歯を失う原因を減らせて入れ歯を使う必要のない人生を送る事が出来るのです。この歯周病は「プラーク」という細菌のかたまりのようなものが原因となって、歯のまわりの骨がとけて、歯茎が腫れたり、歯がゆれたりして、最後に歯が抜けてしまう病気なのです。

そうならないうちに歯周病治療をする事が大事と言われています。しかし若い時は免疫力が高いので、プラークが進入してきても、歯茎が腫れる程度で済みます。中高年になってから、歯周病になる人が多い原因はこの為です。なぜ歯医者で定期検診があるのかというと、歯磨きで落ちないプラークを落とすためです。歯周病治療の基本となるのは、このプラークを取ることです。歯周病により表面がでこぼこした歯の形を整えて、プラークがつきにくくします。

このようなプラークを取り、プラークがつきにくくする事を「プラークコントロール」と言います。しかしプラークは毎日発生して進入をしてきます、その為に毎日歯磨きをして本人のプラークコントロールも大事なのです。その他にも歯周病治療で欠かせないのが、「スケーリング」です。スケーリングというのは、歯のまわりについてしまった「歯石」を取り除く事です。この歯石は唾液とプラークによって作られるもので、小さな穴があいて、細菌が繁殖してしまいます。この細菌は歯磨きでは取れないので、歯医者さんでスケーリングをする必要があるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *