歯周病の進行を遅らせる歯周病治療

歯周病は、歯を失ってしまう原因として最も多い病気です。

歯周病に自分がなっていても初期の場合は、症状などが特にないので、歯周病になっていることに気付かずにいることが多くあります。歯周病かどうかを確認するためには、歯医者に行って検診を受けるのが一番確実な方法です。歯周病になったとしても歯医者で適切な歯周病治療を受けることによって歯周病の進行を遅らせることができます。歯周病の症状としては、歯が揺れてしまったり、歯が抜けてしまうなどの症状があります。

特にタバコを吸っている人は、歯周病になりやすい傾向にあります。ですので、歯周病になってしまったらタバコを吸っている場合、タバコをやめることも大切になってきます。歯周病治療の基本治療は、歯周病の原因となっているプラークを落としていく治療方法が基本となる治療方法です。自分でプラークを取る力だったり、歯石を取ってしまうことによって、プラークを取りやすい環境になってきます。

この基本治療ができていないといくら外科治療を受けたとしてもまた元に戻ってしまうことになります。この基本治療の治療回数は、歯周病の重度によって変わってきます。そして、歯周病治療の基本治療で取りきることができなかった歯石や凸凹になっている骨の形を整えてプラークコントロールがしやすい形にしていきます。また、このときに状態の悪い歯は、抜歯してしまい、他の健康な歯に悪影響を与えないようにしていくことになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *