歯周病治療をすることで歯の健康を守ることができます

歯周病は放置しておくと菌が血液の中にまで入りこみ、心筋梗塞や脳卒中など重症になるケースがあります。

歯周病が起こす原因は歯周ポケットと言われている歯と歯口の間に菌が繁殖していき炎症を起こしていきます。正常な歯の場合は歯茎が引き締まっているのでグラ付くことはないですが、歯垢が溜まり歯石が多くなってくると歯周ポケットができて歯肉炎となり歯がグラ付いてくるようになります。歯周病になっているかどうかは虫歯になって痛みがないと、なかなか歯医者に行く機会がないため歯周病治療は行わないことが多いですが、定期的に歯医者に通い歯周病治療の予防をしておいた方が安心です。

歯がグラついてくるようになると歯槽骨で支えられなくなってくるのでやがて抜け落ちてしまいます。歯周病は時間をかけながら拡がっていくので、体内に歯周病菌が入ると心筋梗塞や脳卒中などの他に呼吸器疾患、糖尿病の悪化、妊娠中の場合は早産や低体重児出産などの原因を引き起こすこともあります。

呼吸器疾患の場合は菌がつくる毒素が呼吸器を通って肺に入り込み呼吸困難になり炎症を起こしてしまいます。糖尿病になりやすい人だと歯周病でインスリンを阻害していくので糖尿病をさらに悪化させてしまうケースもあります。歯周病治療することにより口臭を防いだり、歯肉が腫れるといった原因を減らせるので、歯を丁寧に磨いているつもりでいても、歯医者で歯垢の除去を定期的に行うようにして菌を増やさないようにすることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *