ステップアップする歯周病治療

歯周病は、40代以上の成人の8割が罹患していると言われ、生活習慣病のひとつになっています。

原因は、歯についた汚れにいる細菌です。口の中は、適度な温度と湿度があり、細菌の栄養となる食べ物も豊富にあります。そのため、きちんとしたお口のケアを行わないと、どんどん歯周病は進行していってしまいます。特に歯周病は痛みがないままに進んでいくという特徴があり、気づいた時には重症化することが少なくありません。歯周病治療は、早目に始めることが重要になります。

歯茎が腫れているだけの初期の状態であれば、歯石を取り、歯磨きの指導を受けるだけで症状は改善します。治療にかかる回数も少なく、効果も出やすいので患者さんもきちんと最後まで通院できます。しかし、歯周病が進行し、歯茎の腫れだけでなく、歯を支える骨を溶かしていくと治療は難しくなっていきます。中度の歯周病治療も、基本的には歯磨きの指導と歯石の除去を行いますが、溶かされた骨はなかなか健康な状態には戻りません。

おまけに、腫れもひどくなっていて、ブヨブヨの状態の歯茎の中に歯石が入り込んでいってしまいます。目に見えない歯茎の中の歯石を取るのには時間がかかります。さらに進行して、重度になってしまうと、外科的な歯周病治療が行われることがあります。歯茎を切開して、汚れを取り除いたり、場合によっては溶けた骨の再生治療が行われます。歯周病治療は長くかかりますが、根気強く通うことで、お口の状態を改善することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *